痔の基礎知識
痔の基礎知識 トップ > 痔の治療 > シムス体位とは

シムス体位とは

シムス体位とは痔の診察などで使われる姿勢のこと。シムス体位は左側が下になるようにして横向きに寝る姿勢です。

痔の患者さんが病院に行くまでに時間がかかるのは、診察でお尻を見られるのが恥ずかしいからとか、診察の姿勢が恥ずかしいことが原因だと思います。

しかし、今はそういった患者さんの気持ちに配慮して、できるだけ恥ずかしくないように配慮してくれる病院がほとんどです。中でも一般的なのはこのシムス体位ではないでしょうか。

どんな姿勢なの?

肛門科の診察というと、パンツを脱いで両足を開くのでは・・・と思ってしまいますが、今ではズボンを必要な分だけおろして横向きに寝てもらうシムス体位を採用している肛門科が多いと思います。

診察室ではベッドが用意されていて、患者さんはまずそこに横になります。先生に背を向けるような形で横になります。そして、ズボンをお尻が出る分だけ下します。

この時、タオルをかけてくれるところもあると思いますし、肛門の診察に必要な分だけ穴の開いたタオルというか生地をお尻に当ててくれるところもあります。

ですから、本当に必要な分だけを出す形になります。

このシムス体位であれば、恥ずかしい気持ちは少なくなると思いますし、何より下着を脱がなくて済むわけですから、気持ちも楽ですね。

気になる場合は肛門科に行く前にどんな姿勢で診察をしますか?と聞いてみてもよいと思います。

診断の結果は医師がその場で教えてくれます。どんな症状なのか、痔の種類やその説明などに関しても。その際、疑問に思ったことは積極的に医師に聞くようにしましょう。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方