痔の基礎知識

痔と大腸がん

痔だと思ったら大腸がんだった・・・というケースが多くなってきました。大腸がんは出血や血便などの症状がありますが、その症状が痔に似ているのです。

痔だと思ったら、大腸がん

痔だと思って甘く見ていたら大腸がんだったという人が冒頭でご紹介したように増えているのも現実です。

痔は出血や血便がその特徴ですが、大腸がんも同じような症状があります。そのため、痔に慣れている人はまたどうせ痔だろうと思ってしまうのです。

しかし、何故大腸がんは増えているのでしょうか。その理由の1つは食生活の変化が挙げられます。欧米の食事が当たり前のようになった今、日本人の大腸がんは増加しています。

大腸がんは早期に発見することが出来れば治癒する確率の高いがんです。痔と大腸がん、ご自分で判断されないで、必ず医師に診てもらいましょう。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方