痔の基礎知識

外痔核

外痔核はいぼ痔の1つですが、歯状線と呼ばれる直腸と肛門のつなぎ目よりも外側(肛門側)に出来るため、痛みを感じる点が特徴です。

外痔核の症状と特徴

外痔核の場合はいぼが出来ると外に出てくるのでこの状態は脱肛とは呼びません。

外痔核は排便時や腹圧をかけたときには激しく痛むことがあります。歯状線よりも肛門よりに出来るこの外痔核は肛門上皮に出来るだけに痛みを感じてしまうわけです。

排便時に出血することもあれば、排便に関係なく出血することもあります。

いずれにしても外痔核の大きな原因は便秘やトイレで強くいきむ癖などですが、予防するには食生活を見直すことが大切です。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方