痔の基礎知識
痔の基礎知識 トップ > 痔の症状 > かんとん痔核とは

かんとん痔核とは

かんとん(嵌頓)痔核は痔核が脱出し、指で押し込んでもすぐに出てきてしまうか、痛みを感じるだけといった症状がその特徴です。

かんとん痔核の症状

かんとん痔核は患部が大きく腫れているために肛門の中に戻らなくなった状態です。出血も伴いまずが、激痛がはしることがあります。

かんとん痔核の場合、状態によっては手術が必要となる場合もあるようですが、基本的には保存療法が適用されるようです。

指で痔核を押し込もうとしても難しいことが多いため、患部を温めたり、鎮痛剤、軟膏などを使って治療することが多いようです。入浴や座浴もかんとん痔核の症状をやわらげるには効果的です。

痛みが激しい場合は1週間程度治癒までに時間がかかる場合もあるようですが、腫れもきちんとした治療をすれば数週間でひくようです。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方