痔の基礎知識

内痔核

内痔核とはいぼ痔の1つで直腸と肛門のつなぎ目の部分である歯状線よりも直腸側に出来る痔核です。

他にも歯状線よりも外側(肛門側)に出来る外痔核がありますが、今回は内痔核に限定してご紹介します。

内痔核とその症状

内痔核は歯状線よりも内側に出来るため、痛みなどは感じません。しかし、出血などを伴い、症状が進行すると痔核が大きくなり、次第に脱肛と呼ばれる状態に進行する場合もあります。

内痔核の原因には便秘などが考えられますが、無理にいきんで固い便を出そうとすることでうっ血し、血管が切れて出血することもあります。

いぼ痔とも呼ばれますがこのいぼ状のものが大きくなると排便時に肛門の外にそれが脱出するような状態になります。さらにその状態がすすむと常に脱出しているような状態になります。

痛みはないものの、時にかなりの出血を伴います。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方