痔の基礎知識
痔の基礎知識 トップ > 痔の予防 > 妊娠中の痔について

妊娠中の痔について

妊娠中に痔になってしまった・・・という人は意外と多いものです。でも何故妊娠中は痔になりやすいのでしょうか?また、予防にはどんなことに気をつければよいと思いますか?

妊娠中の痔とその原因・対策

妊娠中は痔になりやすいのですが、それには実は原因があります。妊娠してお腹が大きくなってくると、子宮が大きくなるために肛門を圧迫するようになります。

このためにうっ血をおこしてしまい、痔になりやすいというわけです。

さらに、直腸が圧迫されることによって便秘になってしまう人も多いのが現実です。また、出産時には強くいきむ必要があるために痔になりやすいのです。

いずれにしても妊娠中の痔の治療は医師に相談する必要があります。痔を患っている人は出産前に主治医に話しておくと良いと思います。

予防には入浴をしてうっ血を予防すること、そして食物繊維を豊富にとって便を柔らかくすることが大切です。

関連記事

痔の基礎知識
便秘の治し方